ハローNZ Day32-38:ラストサムライのロケ地。富士山的なところでの生活

現在はここにおります。

2017年5月10日~5月16日のお話。

ジャーン。

ここ、ニュージーランドの北島。

「ストラットフォード」におります。

なぜここに来たかと言いますとあるクジラ博士が教えてくれたからです。

富士山に似ている山がある、その名もタラナキ山

本当に似ていました。

それは、形だけではなく「天候まで」

そう。いつしかの富士山のように拝める確率低い。

富士山の記事はこちら。

http://chebirui.com/207/

いや、去年富士山で車中泊した時よりも確率が低かった。

だって、丸々見えたことない

一週間もいて。

さて、今回もwwoofをしてまして

今回の始まりは、「・・・。」て感じ

なぜなら、私が到着したのは5月9日の18時半くらい。

あたりは暗くなっています。

暗すぎて玄関がわからずとりあえず手探りで玄関へ。

「ピンポーン」

やけに驚いた顔で迎えてくれました。

 

なぜ驚く。なぜ。

と思いながら夕食中の皆さんと合流。

ここのお家はお父さん、お母さん、息子、娘4人の大家族。

そして「・・・。」な空気。

 

なぜかって。

なぜかみんな私の到着が10日翌日だと思っていた。

でも、確実に「9日に着くけどいい?」

「いいよ!」てやりとりをしていました。

微妙な空気の中、大家族生活がスタート。

一日の流れ

ここの牧場は前回に比べるとだいぶ小さい。

どうやって収入を得ているか

それは牛の売り買い。

in the インターネット(結構儲かるらしい、じゃないとあんなに大家族養えない。)

購入は牛市場的なところに行って競りをしてました。

 

大まかに

8時から 朝食

9時   牛の餌やり、牛の移動、雑用

11時  休憩

12時  昼食

寿司を一日目に作ってくれました。

13時  牛の移動、雑用(薪運び)

昼からある時とない時あり。

ほとんど休憩の日あり

15時以降休憩たまに牛の移動に餌やり、雑用

※ここのお家の子は12歳からミッションバリバリ運転してます。

18時半 夕食

 

かなりのゆるい牧場。

とりあえず、餌をあげるのがメインな仕事でした。

あ、なぜかロバと馬がいました。


一週間いてその子たちをどうにかしてたことがなかったな。

多分趣味だと思う。

ここで紹介、大家族

左から、メアリー(14歳)、ルース(18歳)、アラン(父57歳)、アニー(7歳くらい?)、ウェンディー(母57歳)、メリアン(20歳)、ジョニー(17歳)

名前を覚えるのに三日かかった。

この家族の他に3人娘さん上にいるようです。

どんだけ子沢山。

なぜこんなにしっかりとした集合写真か疑問に思った方もいるでしょう。

それはね、幸いにも撮りたかったけど先にどうしても撮ってほしいて言われたから。

 

かなりみんなおめかししてました。

喜んでくれたのですごく嬉しかった。

そしてここのお家はホームスクリーニングて言って学校に行かずに家で勉強を行なっている家でした。

学校まで遠いからね。納得です。

あと、ジョニーは唯一の男の子。

彼が家を継ぐのか聞いたら、ジョニーは牧場に興味ないから継がないみたい。

この国は誰が継いでもいいらしい。

急にペットの猫の話します。

最初はこのグレイの猫だけだったけど。

アニーが子猫を連れて来て、グレイの猫が後半からずっと拗ねてました

でも気になるよね。

「友達とか他の人にいつ会うのか?」

私たちは普通に学校に行って友達作れたりするけど、果たしてこの子達はどこで人に会うのか。

それは「週末の教会、音楽の合同練習とか」一応機会を設けて人に会っているようです。

一瞬誰にも会わずに人間関係づくりとかどーなんの?て将来を不安視(勝手に)してたけど大丈夫みたい。

安心しました。→どの面

今回のルームメイト

前半はドイツ人若干18歳のムニーク。

日本が好きみたいで暇すぎる暇な時間に日本語を教えました。

色と数字と関西弁。

飲み込みが早くわからへん。」をすぐに覚えてくれました

暇すぎる昼下がりに海に行ったりした。

風がやばすぎてスーパーサイヤ人みたいになった。

初めてのサンドイッチ機。

多分日本にもあると思うけど、言葉のあやで「日本にはない」て言ってしまった。

こんな部屋で生活。

見ての通り汚い方が私のスペースです。

後半はアメリカ、サンフランシスコから来たアマンダ30歳。

結婚3年目で夫が恋しすぎるけど、それより来たかったワーホリ

毎日恋しいと言っている乙女な反面、生物学専攻だったようで色々詳しくって、道に野生のハリネズミがいたら「キューート、持って帰りたい」つって眺めてた。

日曜日が休みだったからタラナキ山の周りを最高に曇りドライブをした。

手持ち無沙汰

になる時間も多かったけど、曇ってて一瞬の晴れ間を狙うために強風の中1時間待って撮れたタラナキ山。

本当に富士山そっくり。

ラストサムライの舞台らしいし。

見とけばよかったと後悔。

曇りなんて嫌いだけど、雲がないと出ない空の表情もあり、

6台車を持っているお家。

全て日本社だった嬉しさ。

感無量です。

最初の始まりは微妙だったけど、最終日の夜に

アニー(一番下の子)が折り紙持ってる?て言って来て

成田空港で富士山仲間から頂いたのを持っていたのでみんなで鶴を折りました。

でも、アマンダ(日本に一年半AEONの先生で住んでいた)が詳しかったのでアマンダがみんなに折り紙を教えてくれました。

左端はメリアン(美女)で右から二番目はチェビ。

右端はルースだけど私が教えたからうまくできなかったようです。

先生が悪いと教え子も悪いってのは本当です。

 

「I am NOT a JAPANESE」

これが口癖です。

 

さて、また移動しまして次はどんな牧場なのかな。

天気はずっと雨予報なのがツライです。

北島で一番綺麗なとこって誰かが言っていたのに。

あ、そうそう。

牧場ガールたちが腕相撲したいって言うからしたら、瞬殺してしまった大人気ない27歳チェビでした。

 

インスタ更新できたらしてます。

https://www.instagram.com/chebi_sak/

こっちが普通のアカウント

下のはショップコート物語です。

https://www.instagram.com/shopcoatjourney/

 

See you next week.,





LINEで送る
Pocket

5 Comments

  1. 素敵すぎる毎日!
    刺激がいっぱいだねー!
    日本恋しくなったら味噌汁飲もう!

    • ありがとう!!!たぶん日本人じゃないんかもしれんけどそんなに日本食恋しくない。。(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*