ハローNZ Day324-332:二・二六事件

2018/2/26-3/6

ぼんやりと君を眺めていたんだ

まさかの二週連続で更新できている。

なぜかって。

それは・・・だんだんNZの生活に慣れて来たから。

ワーホリ残すところ33日目にして

ゾロ目や。

あと33日。

あ、でも今日がもう少しで終わるからあと一ヶ月か。

きっと誰よりも君を想っているのは

これは去らなければならない家を想っての言葉。

今日は、大好きな家についてのお話

なんと急展開です。

見たらわかる。話に関係ないヤツやん↑

忘れもしない2月26日事件は起こった

朝 6時10分

ガイドの仕事は出発が早いのです。

いつものようにお湯を沸かしてお茶を入れる。

至福の時間。

あったかいお茶を飲み、お客様に温かく対応できるように

体と心を温める大切な時間。

そんな急須で入れたお茶を飲もうとした時。

※綾鷹ではありません

「今週の日曜日にこの家を出よう。」

家主に突然告げられる余命。

英語での余命宣告でしたが、つい「はい?」と言ってしまった。

朝6時10分のこと。

明朝2時10分(日本時間)

ただ、仕事に行かないといけなかったため、体も心も温まらないまま家を出発。

朝6時20分

明朝2時20分(日本時間)

というわけで家を出ないといけなくなりました。

たったの10分間で起きたこの事件はのちに、二・二六事件と呼ばれた。

※テストに出ます。

本当の二・二六事件についてはGoogle先生に聞いてください。

見たらわかる。二・二六事件やん↑

家を売られた。でもみんなでまた家を借りよう。

一緒に住んでいるみんなで(合計4人)そんな話をしていた二週間前。

Facebookのメッセンジャーで「Family」てグループ作ってみんなで家を探した

家を売られてから 2日目。

突然家を去る家主の友人同居人A 8日目。

突然家を決めて出て行くインド人同居人B 10日目。

見たらわかる。インド人の部屋だったとこやん↑

取り残された家主と掃除係チェビ

突然家を出ることに決まった 12日目。

あれ?みんなで行くんじゃなかったのか!と驚いた二日後に

家主も掃除係も家を出よう!てなりました。

掃除係は家具も全て家主から借りているため、

家主が「出る」てなったらどんなにこの家が好きでも出ないといけません。

そんな今日は 家を売られてから22日目。

見たらわかる。二日間しか稼働しなかったグループやん↑

理由は家主に時間がないから

今月3月は日本人みたいに年度末だから色々と忙しいらしい。

掃除係は全然忙しくなくてブログを更新しているのに。

そんなこんなで明後日か明々後日家を出ます。

最近は引っ越しムード。

家に帰ると荷物がガレージに出されている。

見たらわかる。ガレージに出された荷物やん↑

悲しい!悲しい!て毎日嘆いていたら

チェビも荷物まとめなよ!て言われてまとめたら20分でほとんど終わりました。

捨て犬掃除係チェビの行き先は仲良くしてもらっている永住権者の家。

捨て犬を拾うかのように拾ってもらいました。

友達は大体、永住権者。

私は1年滞在のワーホリ。

一回NZ出たら永住権者の人たちに日本に来てもらわないと1年会えません。

※ハイリスクフレンド

家を売られて、家なき子になるこのネタ

ガイドで話したらウケが取れました。

めでたしめでたし。

この家の家具全て今週土曜日 朝8時 出て行きます。

大好きなベッドさんもさようなら。

でも、いいニュースがあります。

大好きな毛布。

片時も離したことない毛布。

貸してくれるって!

そんなこんなで明後日くらいに毛布と共に家を出ます。

見たらわかる。大好きな毛布やん↑

次週へ続く。

今回奇跡的に次週へ続いた。

インスタ更新できたらしてます。

https://www.instagram.com/chebi_sak/

こっちが普通のアカウント

下のはショップコート物語です。

https://www.instagram.com/shopcoatjourney/

たぶん。

See you next week.,






LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*