ハローNZ Day272-317:衣食住の「住」

2018/1/5-2/19

何をどーしたか

不明なくらいいつのまにか時間が経っています。

ワーホリ残す所あと、48日

今電卓で計算してみました。

一年経つのは早いですね。

こないだ先輩とお母さん(先輩の)がNZに来てくれました。

ありがたい。楽しかった。

誰かが来ないと外に出ない自分。

 

本当にNZに来てクライストチャーチで住みだしてから怠惰な自分が出てます。

その怠惰さを出させくれる安心できるそんな住んでいるところを本日は紹介します。

ニュージーランドでの一人暮らしは一軒家のひと部屋を間借りする

THE  シェアハウス

この切り出し方法を用い、ガイドの時に気が向いたら話すお話です。

なのでガイドの時に話している内容と同じ風に書きます。

これ腹立つと思いますがこれでガイドしてます。

シェアハウスって聞くだけでなんだかワクワクドキドキしますよね?

安心してください。

→これまだ流行ってる?

ワクワクドキドキ「ゼロ」

私は現在、ニュージランドの原住民マオリ族のお母さん60歳くらい

そしてインド人の25歳(もしかしたらいつのまにか26歳かも)

※2017年8月時点

と最近越して来たマオリ族のお母さんのお友達

 

4人で住んでいます。

まずは外観①

ニュージーランドのお家のほとんどは平屋です。

でも私が住んでいる家は、残念ながらすっごく例が悪く、「二階建て」

→本当にこんな風にお客さんに話しています。直すところあったら意見待っています。

はい!綺麗

外観②庭

はい!広い

次に内観①リビング

はい!綺麗

内観②キッチン

はい!綺麗

なぜならほとんど家事をしないから

内観③シャワー室

はい!綺麗

誰もしないんで、泣く泣く掃除してます。

内観④間借りしているマイルーム

はい!ごちゃごちゃ!一応女子の部屋。

こんな感じで住んでいます。

何不自由ない生活が送れています。

大好きな椅子

はい!いつも座っている椅子

気になるのは家賃ですよね?

ニュージーランド情報を一つあげるとすると

支払いが週払いなこと。

→ガイドでも言っています。

 

週ごとに払います。

そしてバイト代も週ごとに入って来ます。

月々いくら感覚の私たちにとっては不思議な感覚の「週払い制度」

へーって

思いました?

 

それで値段は145ドル週×4(一ヶ月)

=580ドル×80円

=月々46,400円

はい。そんな感じな家に住んでいます。

掃除を「みんなしない点」以外は綺麗だし、何不自由していない。

 

そして、私を怠惰にする家でもある。

そんな家ですが

売れました

そう。いつの間にか売られました。

でも安心してください。

→まだ流行ってる?

 

6週間の猶予があります。

3月29日にこの家を出ます。

今住んでいるこのメンバーで住もうってなってるらしい。

でも、もしかしたら帰国するかもしれないけど。

 

そんな大好きな「住」は売れました

てな感じです。次は「衣」

次週へ続く。

インスタ更新できたらしてます。

https://www.instagram.com/chebi_sak/

こっちが普通のアカウント

下のはショップコート物語です。

https://www.instagram.com/shopcoatjourney/

 

たぶん。

See you next week.,






LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*